かまきりりゅうじ

時々これを思い出す。

小学1年国語の教科書に載っていた詩。

 

おう なつだぜ

おれは げんきだぜ

あまり ちかよるな

おれの こころも かまも

どきどきするほど

ひかってるぜ


おう あついぜ

おれは がんばるぜ

もえるひを あびて

かまを ふりかざす すがた

わくわくするほど

きまってるぜ

 

作者は「かまきりりゅうじ」。

(ただしくは、くどうなおこさんの詩集「のはらうた 」に収録されている詩)

 

「もえるひをあびて」のところが好き。

 

わたしだってこんな気持ちになるときは、ある。

やる気に満ち溢れ、なんでもうまく行く気がして、

 

でももう大人だから、かまきりりゅうじはそう長くは続かない。

 

今日の格好はかわいい。

f:id:hynm_ogasawara:20171005130113j:image

 

お  し  ま  い