読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画「アイリス・アプフェル」

おはようございます

ちょっと聞いてよ

明治通りの竹下口に、小さなアーケード出来てた。

写真でわかるかな??

絶対昨夜はなかった。

これで信号待ち、雨に打たれなくてすむ~!!

こういう小さなアーケード大好きなの。

懐かしい。(意味深)

f:id:hynm_ogasawara:20160127163009j:plain

 

今日ね、3月5日(土)公開の映画「アイリス・アプフェル」の試写に行ってきた!

f:id:hynm_ogasawara:20160127170913j:plain

f:id:hynm_ogasawara:20160127163344j:plain

 

今をときめく94歳のファッショニスタ、アイリスアプフェル。

ハッシュタグ#IRISAPFEL で検索すると3万件ヒットする~。)

 

わたしが見れなかった映画「アドバンスト・スタイル」にも証言者として出てたし、
https://www.instagram.com/p/3iQmCnOSwD/

都内今日までだった…しかも午前10時半の会が最終…がっくり

 

 

夏に渋谷西武でやってた展示にもいた。

https://www.instagram.com/p/zW3KZtuSwY/

元気出た。洋服ってそういうことだよね。忘れてた。「あなたの態度はあなたの程度よ」って素敵な言葉!

 

多くの女子が、「ノームなんちゃら」的に、白黒グレーしか着てこなかったここ数年。

じわじわとカラフルなファッションが戻ってきてる。

(彼女たち昔からずっと変わらずこのスタイルなんだろうけど)

 

彼女を見ると元気でる。

洋服って楽しいってことを、もっと純粋に、もっと単純な意味で楽しいってことを、100年ぶりに思い出したわ。

f:id:hynm_ogasawara:20160127164743j:plain

 

ここ家。劇中に出てくる家が、ほんとに良かったの~。

雑多の極み!って感じなんだけど暖かくて(年から年中クリスマスの飾りは出しっぱなし。)ほんとに素敵なの。

(まあ言ってしまえば、バリバリのキャリアウーマンでお金持ちなので、部屋がたくさん、家が2つ?あるわけだけど)

左に写っているのが旦那さん。

f:id:hynm_ogasawara:20080620182328j:plain

 

 

f:id:hynm_ogasawara:20160127164946j:plain

f:id:hynm_ogasawara:20160127164957j:plain

f:id:hynm_ogasawara:20160127165008j:plain

f:id:hynm_ogasawara:20160127165021j:plain

 

一番良かった台詞は

「センスがなくても、幸せならいい。皆好きな服を着るべきだもの。」

 

これってファッションの源だよね。

服屋って「センスを磨け!」「これ着たらお洒落!」ってお客さんに説きがちだけど、

本来は「ファッションってちょーたのしー!くない?!」って広めたかったんだよねきっと。

 

そして私は、好きな服を着て幸せだったら自然とセンスがついてくる、のも体験的に知ってる。

 

わたしも、せっかく服屋に就いたんだから、

もっともっとファッションに埋もれようと思った。

 

3月5日(土曜)からスタート!

アイリス・アプフェル公式サイト