読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本日発売のPOPEYEで

大根仁さんの人気連載にわたしが!!!
f:id:hynm_ogasawara:20151211001103j:image

やったー!!!
普段はなにも言ってこない友人男子たちからたくさん連絡が。
やっぱりポパイってみんな読んでるんだね。すごいなぁ。

大根さんとバクマン。を見るという、超貴重な経験までしちゃった。
作った本人と一緒に見るなんて、もう一生ないと思う。
着想から完成まで4年かかったとか、鉛筆が机をこする音が、序盤はキレがないのに、終盤は鋭いとか、サカナクション新宝島が出来るまでのエピソードとか、
(書けば書くほど辛気臭く?なっちゃう…やだ)
映画をつくるって、凝るって、すごいことなんだな、って思った。
熱量を4年持ち続けるってどんだけ。
映画って大スペクタクルな事業だけど、分解してくといっこいっこ超小さな作業の集まりで。

バクマン。のストーリーと、映画づくりにかける死ぬほどの熱意と、その割に地味な工程と、わたしの東京での社会人生活10年と、なんか最近身の回りで起きた悲喜こもごもと、頑張ってるのに成果が出ない自分と、全部あわせて、“東京”を想って泣いた。
サカナクション新宝島がぴったりだった。

バクマン。見てから2週間は、新宝島聞いて吐くほど泣いた。
泣きたくて聞いた。

これからずっと、この曲を聴いたら、この日のことを思い出すんだろうなぁ。

図らずもこの号は「City Girls」特集。
f:id:hynm_ogasawara:20151211003822j:image 
だってわたしこの日、とってもシティガールな過ごし方したもん!