ぶつぶつと

f:id:hynm_ogasawara:20190112011634j:image

SK-II風に言うと、(分かる人だけ分かればいいw)

「結局信じられるのは仕事だけ。」

 

 

うまく言えないけど、見返りなく頑張れるのは仕事だけ。

 

旦那にご飯作ったら、代わりにゴミ出し行ってきてほしい、棚直してほしい、話聞いてほしい。

まあそれが、「ありがとう」言ってもらえるだけで満足したりもするのだけど、※私の精神状態によります。

 

好きな人と付き合いたては、「あなたのために何かしてあげたい、聞いてあげたい、なんなら自分よりも貴方が大事、嗚呼貴方…!」ってなるんだけど

 

半年も過ぎると相手のアラが見えてくる。

アラばかり目について愛でられなくなったら終わりなんだろう。「こんなやつでも、可愛いな」と思えたら、愛がアラに勝ったのだろう。

 

その点、仕事は無限に頑張れる。

やりたいこと山ほど出てくる。嗚呼、貴方に尽くしたい。

ありがとう、って言われないかもしれないけどやってあげたい。

仕事に喜ばれたい。

仕事に感謝されたい。

 

結局信じられるのは仕事だけである。

仕事とは究極の自己満だ、自分が1番可愛いのだ

鼓汁蒸鳳爪(鶏の足の黒豆ソース蒸し)

香港ネタが渋滞しててすみません。

だってぜんぶ美味しかったんだもん。

 

これも↓美味しかったの

 

初めて食べた、鼓汁蒸鳳爪(鶏の足の黒豆ソース蒸し)。

(読めない・・・・)

f:id:hynm_ogasawara:20181218115152j:plain

 

見た目は超グロテスクなんだけど、美味しい!

醤油で甘く煮た感じ。コラーゲンたっぷり!(たぶん)

f:id:hynm_ogasawara:20181218115131j:plain

 

安定の海老トースト。

日本にもよくあるから気にしてなかったけど、現地の彼らがやたら推したのは、香港のソウルフードなのだろうか?

f:id:hynm_ogasawara:20181218115222j:plain

 

蓮の葉包み蒸しご飯。

香港の炊き込みご飯…のはず。

f:id:hynm_ogasawara:20181218115106j:plain

香港の市場と鴛鴦茶(ユンヨンチャー)

業務用ではなくて、一般家庭のひとが行く市場を探検。

各階で分かれているのは日本とおなじ。

雑多感が上野っぽかったw

f:id:hynm_ogasawara:20181218115053j:plain

f:id:hynm_ogasawara:20181218115148j:plain

f:id:hynm_ogasawara:20181218115159j:plain

 

そうそう、これ知ってる?!

香港独特の文化、19世紀に香港で生まれた「鴛鴦茶(ユンヨンチャー)」。

 

コーヒーと紅茶、ミルク、ガムシロップや砂糖などの甘みを混ぜた飲み物。

コーヒーと紅茶は半々の割合くらい。

www.instagram.com

わたしはあまり好きじゃなかったー、

一緒にいた現地の若者二人は秒速で飲み干してたー。

f:id:hynm_ogasawara:20181218115035j:plain

ボーローパウ(菠蘿包)

香港で美味しい菓子パンに出会った。。。。。

現地の人は、朝ご飯やおやつにするみたい。

パイナップルパンこと「ボーローパウ(菠蘿包)」。

www.instagram.com

(下記写真の黄色いパン)

f:id:hynm_ogasawara:20181218115111j:plain

 

見た目がパイナップルのような網目がはいっているだけで、味は甘いパン。

これ、スライスバターを挟んで潰して食べるの!!!!!

高カロリーの権化だね、

そりゃあ美味しいよね。

 

この写真には、ドリンク付きで¥400と書いてあります。f:id:hynm_ogasawara:20181218115045j:plain

 

美味しすぎて、パン屋さんに連れてってもらって、お土産で買って帰った。

ごろごろ無下に扱われているのも香港らしい・・・・

f:id:hynm_ogasawara:20181218115100j:plain

 

ここでFreadaのポストカードにサインしたのも良い思い出。

f:id:hynm_ogasawara:20181218121846j:plain

香港のご飯

初日のランチ。

香港といえばワンタンメン!

 

香港島の中心地、銅鑼灣(コーズウェイベイ)は小さなごはん屋さんが軒を連ねるグルメの激戦地。!

 

ここ行った。

店名、ぜんぜん読めない・・・・

tabelog.com

f:id:hynm_ogasawara:20181218115227j:image

 

この緑の野菜は、菜芯(チョイサム)。

ちんげんさいがもっと野生っぽくなった味。

好きだった!
f:id:hynm_ogasawara:20181218115207j:image

 

これはブタの腎臓とレバーが混ざっている。

まずくはないけど好きでもない。

麺の箸休めみたいな立ち位置。
f:id:hynm_ogasawara:20181218115203j:image

 

冬なのに果物屋さんが多いし商品充実。

灰色のコンクリート街に、急に可愛い色が散らばる。f:id:hynm_ogasawara:20181218121838j:imagef:id:hynm_ogasawara:20181218115249j:imagef:id:hynm_ogasawara:20181218115246j:imagef:id:hynm_ogasawara:20181218115234j:imagef:id:hynm_ogasawara:20181218121855j:imagef:id:hynm_ogasawara:20181218115518j:imagef:id:hynm_ogasawara:20181218115243j:image
f:id:hynm_ogasawara:20181218121851j:imagef:id:hynm_ogasawara:20181218115510j:image

 

中国の代名詞?

道にせり出る看板。

皆が競うように看板…!

トラックひっかかりそうw

f:id:hynm_ogasawara:20181218115139j:image

 

ここはビンテージショップ。

というより家具屋さんがアクセサリー置き始めました、というかんじ。

年代もそんなに古くなくて。

香港島、古着屋さんは少ない印象。
f:id:hynm_ogasawara:20181218121900j:image

 

香港島は1997年7月1日中国に返還されるまで、イギリスが主権だったので、

街の景色が西洋風でかわいい。
f:id:hynm_ogasawara:20181218121906j:image

 

夜は、九龍半島南端の尖沙咀(チムサーチョイ)と香港島を結ぶ船、スターフェリーに乗って違い市街地(尖沙咀のほうへ)へ。

f:id:hynm_ogasawara:20181218121842j:image
f:id:hynm_ogasawara:20181218121830j:image
f:id:hynm_ogasawara:20181218121833j:image

尖沙咀(チムサーチョイ)に停まってたアイスクリーム屋さん。

デザイン可愛い。
f:id:hynm_ogasawara:20181218115523j:image
f:id:hynm_ogasawara:20181218115514j:image

これが香港のローカルおやつ!

これ美味しいかった「鶏蛋仔(ガイダンジャイ)」。

www.instagram.com

たこ焼き器で甘くした卵液を焼いたやつ。

f:id:hynm_ogasawara:20181218115120j:plain
f:id:hynm_ogasawara:20181218115115j:plain

 

 

 

次回へつづく!